すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
EARTH PROJECT
すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
最新記事一覧
ARCHIVES
TAGS
LINKS
KOBIALKA CD
音楽、ヒーリング、そして意図のちから
音楽は非常に多くの方法で役に立っています。それは神経をしずめ、強くし、睡眠や瞑想などにおいて望みの成果をつくることに始まり、実際の病気の予防にも役立っています。耳、あたま、身体、そして、意図が一緒になってヒーリングのプロセスにおける原動力となります。

1993年、GolemanとGurinは共著「マインドボディメディスン」(1)で、サイコ・イミュノロジー(心理免疫学)の研究を発表しました。彼らは神経繊維は結合し、私たち人間の免疫システムの組織に含まれていることをみつけ、これにより、あらゆる感覚と人の思考、感覚、知覚、そして免疫システムの状態には直接的な伝達のリンクがあることを明らかにしました。

知識、知覚そして情熱は、ただあたまとハートに存在するだけのものではなく、体のすべての細胞の中にあると言うのです。音楽は私たちの感覚を楽しませ、影響を与えるだけのものではありません。音楽はそれ自体、私たちの体の奥深く、細胞レベルまで組み込まれた知識へと入り込む通り道となります。

ドン・キャンベル氏は、著書「モーツァルト効果」(2)の中で、私たちが奏で、聞く音にあたえる意図が私たちの健康にとっても大切であると述べています。私たちが作曲家、音楽家、指揮者、またはリスナーのどれであっても、意図のちからを、結果に影響を与えるものとしてとらえます。

コーランによれば、意図はハートにあるものの結果であり、達成の半分であるそうです。それはイメージの視覚化であり、その実現の可能性を追求することです。意図の純粋性とそれを維持したいという切なる気持ちが、究極の癒しの原動力だととらえています。

作曲家がヒーリングを意図して作品を創作するとき、そして音楽家が演奏し、セラピストやリスナーがそれを維持するとき、癒しの可能性はどれほどパワフルなものとなることでしょう。

聴くことは振動のエネルギーが耳にとらえられ、脳により解釈されるものだと私たちは思っていますが、しかし、それだけではありません。耳の構成分子が振動のエネルギーを脳にいたる電気的刺激に変えるのは確かですが、それは脳幹、大脳辺縁系にいたり、そこで感情と肉体の反応が起こるのです。それは聴覚を司る大脳皮質であり、刺激を意識や認識に変えます。

事実はまさに小説よりも奇なり。この聴覚の理解と認識は電気エネルギーに変換され、様々な脳波となり、それが人のこころに影響を与えるのです。あなたを取り巻くサウンドは現実、つまりあなたがどう考えるか、どう感じるか、またどう反応し、知覚するかを創造する大きな部分を占めます。そして、それは計測可能であり、物質的に証明できるものです。例えば、脳のβ波は集中した能動的な思考を行う(例:読書、勉強、作文)ときにきわめて明白です。サウンドと音楽はβ波をつくるため、この種の活動を容易にし、おそらく大きな成功に導くでしょう。一方、脳のデルタ波を誘導する音楽は眠りにつくのを容易にしますが、それはこの脳波が睡眠時間に多発するからです。

音楽がもたらす刺激は脊椎を通って、自律神経系に働きます。これには心臓、呼吸、脈、血圧、筋肉の緊張、その他無意識の作用と反作用が含まれます。音楽のパワーが骨格の中を伝わっていくことは、なぜ胎児が母親の声やお腹の中の環境の音に影響を受け、産まれてからもこれらの音を「ボディメモリー」としてもっているのかを部分的に説明するものです。

だから、音楽は非常に多くの方法で役に立っています。それは神経をしずめたり、強くし、睡眠や瞑想などにおいて望みの成果をつくることから、また、実際の病気の予防にも役立っているのです。


「音楽はことばで表現することはできない。それは、音楽が不明瞭なものであるからではなく、ことばよりも的を得たものだからである。 ーフェリックス・メンデルスゾーン」

1. Goleman, D., & Gurin, J., Mind Body Medicine, (Yonkers, New York: Consumer Reports Books, 1993)

2. Campbell, Don, The Mozart Effect: Tapping the Power of Music to Heal the Body, Strengthen the Mind, and Unlock the Creative Spirit, (New York, NY: Avon Books, 1997)

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する

<<めい想と音楽による本当のリラクゼーション | 病院や施設でのマッサージと音楽療法 >>