すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
EARTH PROJECT
すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
最新記事一覧
ARCHIVES
TAGS
LINKS
KOBIALKA CD
音楽をいつどこで聞きますか?
朝、おいしいお茶と気分を高揚させるような音楽とともに一日を始めることはとてもすばらしいことですね。ふだんは何も意識せずに音楽を聞いていることが多い私ですが、目を閉じたり、横になったりして音楽に浸りきるのがいいと提案する人も数多くいます。でも、私はもっと実際的な方法が好きです。全神経を集中して聞くことは時にはむずかしいことです。それができるときもあるでしょうが、戸外にいるときでも、音楽を必要に感じるひとときがあります。

*通勤・通学時間をめい想や準備のスペースにしてみましょう。
車にしろ、電車にしろ、通勤時間を利用して、音楽で一日を活性化するのはいかがでしょう。この時間に最適な私のお気に入りの曲は「美しき目覚めの予感」(「コビアルカ・ヒーリング」)です。シンプルなメロディーと魅力的なアレンジで気分がリフレッシュし、おだやかで明るい世界へのまなざしとともに仕事がスタートできます。音楽が思考をまとめ、イマジネーションをスパークさせるのに任せてみてください。

私のライターの友人はこう言っています。
ライターのためのワークショップに1週間参加したとき、課題のキーフレーズやトピックについて書くグループでのことです。
「働きながら、家事をしながら、音楽を聞いてみましょう。メリー・ポピンズが「彼は歌が仕事を助けることをご承知」と歌ったのは大正解!」皿洗いをしているとき、洗濯物をたたむとき、床そうじをしているとき、エネルギーを高め、インスパイヤーする音楽を聞くことで、仕事が苦労知らずになります。「夕食の片付けをするときは「コビアルカ・ケルティック」を聞いているのよ。お皿を洗いながら、最初から最後までスキップしているような気持ち。きびきびしたテンポと喜びにあふれたメロディーが仕事を短く感じさせてくれるの。仕事を終えるころには、あたまはスッキリ、残りの仕事もできるほどエネルギーがいっぱいになるの。」

皿洗いをしているとき、洗濯物をたたむとき、床そうじをしているとき、エネルギーを高め、インスパイヤーする音楽を聞くことで、苦もなく仕事ができます。

*お散歩にコンチェルトを。
こころや体の健康にとって、フィットネスや運動がとても大切だとよく聞いておられることでしょう。全米心臓協会、全米糖尿病協会および全米医学会は、若さ、フィットネス、健康を保つには、最低週3回、適度な運動を30分間行うことを勧めています。
それならば、お気に入りの音楽と一緒に散歩に出かけるほど最上の方法がほかにあるでしょうか。おまけに、研究の結果、音楽をかけて運動をする人は、メタボリズムを急激にアップさせ、より長く運動し、運動を終えたあともより早いメタボリック率を長く保ち続けると提唱しています。すなわち、それは散歩のあとでも、からだはいつもより早くカロリーを消費し続けるということです。

*音楽と一緒にワークアウト!
散歩よりもう少しエネルギーを使いたいという方には、別の友人はまた、私のCDから曲を選んで、音楽でワークアウトの時間構成をしています。
「私はいろんなダニエルのアルバムから曲を選んで自分用にCDを作ったの。それぞれの曲をだいたい6分ぐらいの長さにして、ベストなワークアウトができるようにペースをつかんだり、スローダウンするために利用しているのよ。音楽のおかげでギアをシフトさせたり、今どこにいて、何をしているのか知るのが簡単にできるわ。」

ところで、あなたはいつどこで音楽を聞くのがお好きですか?車の中ですか?それとも台所の流しのところ?それとも、家計簿をつけているとき?皆さんがいつどんなときに音楽を利用して、一日を素敵に過ごしておられるか、ぜひ聞いてみたいものです。下のコメント欄にお便りをいただければ、さいわいです。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する