すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
EARTH PROJECT
すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
最新記事一覧
ARCHIVES
TAGS
LINKS
KOBIALKA CD
家庭内音楽のススメ(ダニエルのブログより)
わたしたちの人生はときに、複雑かつとてもやっかいで、ストレスに満ち、感情的になりがちです。仕事、家族、大家族、請求書、政治、そして世界の反対側で起きるできごとを含め、あらゆることが私たちの日々の感情、思考、行動に影響を与えています。そんな中シンプルで複雑ではない音楽に違いは作れるのでしょうか?

このストレスはまた未来の世代にも影響を与えます。過去においては、全部ではないにしろ多くの母親が家庭にいて、子育てに集中し、(子供の)支えとなるような家庭環境を提供することができました。しかしいまや、年少の子供たちは混雑した学童保育の環境で一日を過ごし、またそれより大きな子供たちも学校からがらんとしたほったらかしの家に帰るようになりました。
長期的に見て、このことが次世代に与える影響については、これから見守っていく必要があるでしょうが、1対1の大人による指導と助言の欠如、それに両親が家にいるときのストレスが組み合わさって、非常に多くの青少年が少年院や刑務所に収監されるという状況がすでに生まれています。

私は、家庭の中に音楽のようなシンプルなものがあるだけで、違いがつくれると思います。実際、私の家ではクラシック音楽があふれ、音楽を実際にシェアするだけにとどまらず、ことばの代わりに音楽がコミュニケーションの道具となっていました。美しい音楽でいっぱいの家を訪れると、たちまちあたたかさ、気遣い、喜び、平和といった穏やかで心癒す感情でいっぱいになるものです。

音楽が加わると、家庭は避難所、巣、癒しのリトリート、安全な場所、家族や家族の価値を新たにし、再びつながる場所となります。そこにおだやかな音楽があるだけで、癒しや再生、健康そして休息を愛をもって支えます。

さて、私の友人でコラボレーションCDを一緒に作ったマンデル博士の心臓疾患のリハビリを受けておられる患者さんがこんな感想を寄せて下さいました。
「コビアルカ氏の音楽はわたしの魂を癒します。音楽が人生でどれほどすばらしい役割を果たすか、みなさんに理解いただきたいと思います。わたしの身体は音楽を聴くにつれて、ほどけていくようです。」

そう、だから、音楽を聴くというような一見些細で、簡単すぎると思えるようなことでも人生や家庭に大きな違いをつくり、あなたをとおして世界が変わるかもしれないのです。もし、すでに音楽を通してそのようなご体験があるのなら、ぜひあなたのご意見をお聞かせください。あなたのおうちでは音楽を聴くことはどんな役割を果たしていますか?家族で一緒に音楽を楽しんでいらっしゃいますか?
making_music_at_home_sm.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する