すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
EARTH PROJECT
すべてがひとつ。本当は未知や神秘のなかにいる…という科学的真実の会話を育み、ともに美しい楽園づくりを創作していくプロジェクトです。
最新記事一覧
ARCHIVES
TAGS
LINKS
KOBIALKA CD
ダニーズパパその3 ダニーボーイへの想い
アイリッシュアメリカ民謡「ダニーボーイ」は、まるであたたかく心地よいブランケットのように、父の思い出で私を包んでくれます。クリエーティブで才能のある音楽家を父親に持った人なら誰でも、愛と優しさを表現する美しい音楽がいつもまわりに流れていることがどれほどの贈り物であるかわかるでしょう。私の父は、すばらしいバイオリニストであり、音楽の教師でした。生徒たちをインスパイヤーし、人生をとおして面倒見よく、音楽のアイディアやその美しさへの愛をもって、生徒たちを導く人でした。
「ダニーボーイ」を聞いたり、弾いたりするときはいつでも、私はこの寛大で愛すべき人物を思い出さずにはいられません。

私がまだ学生で、メイン州のニューイングランドミュージックキャンプに参加していたある年、父とコンサートのあとのアンコール曲について話したことがあります。
アンコール曲を選ぶには、リサイタルのしめくくりの時の観客の反応にしたがって、バラエティーが重要であり、決まったプログラムの最後に演奏される曲目に対比したものがいいだろうと父は言いました。また、様々な作曲家やテンポといった多様な中から選ぶのもいいと話してくれました。そして、私たちはブラームスの子守歌やシューベルトの歌曲、さらにはアーロン・コプランの「ロデオ」やブラームスの「ハンガリー舞曲」のように短く詩的な曲目について議論を交わしていました。

すると、父がまじめな顔で私を見て、こう言ったのです。「ダニエル、この曲もすばらしい傑作だよ!」それは、フリッツ・クライスラーがバイオリンとピアノのためにアレンジした「ロンドンデリー・エアー」別名、「ダニーボーイ」というとても有名なアイリッシュアメリカ民謡でした。父はいつもこう言っていました。「この曲を演奏するのは、たくさんの人々に大きな喜びとやすらぎをもたらす素晴らしい機会だよ。」そして、私に短い一連の曲目やアンコール曲としてリサイタルのとき何度も演奏するように提案してくれました。

このソウルフルな傑作を父が演奏するのを聞き、そして、父がこの曲にパーソナリティーとスピリチュアリティーを与える様を見れたことは本当に大切な宝です。
また、この曲が父にとって特別なものだったことは、私の名前がダニーだということからもうかがいしれます。それは、父がこころの中でいつも思っていたこと、でもことばでは私に表現しないで、その気持ちを演奏に託したものだと思います。それは本当に感動的な、やさしい感触でした。

今でも、私は父が伝えてくれた美しさと歌ごころをとらえようと苦心しています。
ダニーボーイは私にとって特別な、パーソナルな意味があります。父のスピリットに私を近づけ、父が私にくれた多くの音楽の贈り物の想い出に近づけてくれるからです。
私はいまだに、父に与えられた音楽のことばそのものであるスピリットと、声を持ったバイオリンの魔法のようなサウンドを表現しようと苦心しています。
私の人生にこれほどたくさんのプレゼントをありがとう、素晴らしい愛する父よ。
ダニエル・コビアルカ


CODA-0001_140.jpg
ベスト・オブ・コビアルカ I
全7曲 ¥3,000
ダニーボーイの試聴はこちら




-------------------------------------------------------------------

-The Poignancy of the Song “Danny Boy” and Memories of My Father-

The Irish-American folk tune "Danny Boy" is wrapped like a warm, comforting blanket around me and memories of my relationship with my father.Anyone with a creative, gifted musician for a father knows what a gift it is to have beautiful music all around, expressing tenderness and love. This is how it was to live with my father.

My father was a creative gifted violinist and music teacher, a loving teacher who inspired his students musically and guided them through life with his caring ways as well as with his musical ideas and love of the beauty of music. Every time I hear or perform the song "Danny Boy", I cannot help thinking of this generous, loving man.

I recall our conversation when I was a student and camper at the New England Music Camp in Maine, and we were discussing some compositions that could be used as encores after a concert.
He said that in choosing an encore, variety was important depending on the reaction of the audience at the conclusion of the recital, perhaps as a contrast to the last composition that was performed at the conclusion of the assigned program.
He also mentioned choosing from a variety of different composers and tempos. We discussed the brevity and poetry of pieces such as a Brahms lullaby or a Schubert song, or maybe Aaron Copland's "Rodeo" or Brahms' "Hungarian Dance".

He looked at me with such a sincere look and said, “Daniel, now, this one is one great masterpiece!”
It was the arrangement for violin and piano by Fritz Kreisler of the "Londonderry Air" also know as "Danny Boy", a very famous Irish American folk song.
He always said, "When you play this song you will have a wonderful opportunity to give many people great pleasure and comfort". He suggested that I perform it as often as I could in recital within a set of short pieces or as an encore after a violin recital.

The importance of this story to me was hearing him perform this soulful masterpiece, and how he gave it a personality and spirituality all its own.
I also believe it was special to him because my name was Danny, too. I think that this was something that my father had in his heart, but never really expressed to me in words, just in his feelings when he performed it. It was realy quite moving and tender.
This was a special gift that he had - being able to perform these short, gorgeous encore pieces - my father’s special touch with his music.

Even to this day, I still strive to capture the beauty and song that my father gave to his musical performance.
Danny Boy has such a special and personal meaning to me because it brings me closer to my father's spirit, and to the memory of so many musical treasures he gave to me.
I continually strive to present the magical sounds of the violin with a spirit and voice that was so much a part of his personal musical language.
Thank you my dear and wonderful Father for so many treasured gifts in my life.
Daniel Kobialka


CODA-0001_140.jpg
BEST OF KOBIALKA I
7 Tracks ¥3,000
ダニーボーイの試聴はこちら

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する