愛の中で育む〜“ダニエル・コビアルカ”とともに奏でる癒しのバイオリン
Application for Joint Performance with Dr. Daniel Kobialka
"One World Healing Concert 2008" ダニエル・コビアルカ D.M.A 共演のご案内
Let's Play the Violin with Dr.Kobialka!!

『星に願いを with Children』
〜未来のビジョン・子供たちへ〜
『星に願いを』をダニエル先生と一緒に奏でませんか!

ダニエル・コビアルカは、その父もまた「ストラディバリウス・ストリング・クァルテット」で活躍したすぐれたバイオリニストであり、また素晴らしいバイオリン教師でもありました。
幼いころ、父の演奏する「ダニーボーイ」の美しい音色に憧れ、いつかお父さんのように演奏したいと心に誓ったダニエルは、8歳にして初めて舞台に立ち、天才的な演奏を披露しました。
また、19歳でカーネギーホールにてリサイタルデビューを果たし、ニューヨークタイムズ誌で絶賛されるなど早くからその才能を開花しました。その後、レナードバーンスタイン、武満徹、小澤征爾など超一流の音楽家にその卓越した技量と音楽性を認められ、マエストロの仲間入りを果たし、40年にもわたってサンフランシスコ交響楽団の首席第二バイオリニストとして活躍してきました。
さて、このたびの「ワンワールドヒーリングコンサート」は、音楽の魔法のようなちからを心の底から信頼するコビアルカの一つの大きなチャレンジでもあります。
それは、父、ハリー・コビアルカがある偉大な日本人のバイオリン教師から学んだ「愛の中で育む」というフィロソフィーをこのコンサートで実践することにあります。
子供が大好きな彼は、子供こそ未来のビジョンそのものだ、子供たちが愛の中で育まれるとき、それがどんなに小さな芽であったとしても、大樹へと変容する可能があると語ります。
そのような愛にあふれた空気が流れるステージで子供たちが演奏することは、バイオリン教師でもあるダニエルにとって、まさに喜んで子供たちに与えたい価値ある機会だと語ります。
そして、ハリーお父さんが、日本からやってきた Suzuki Children の演奏に深い感銘を受け、その後の人生をかけて、自身の子供を含むアメリカの子供たちを愛の中で育んだように、今度はその感謝を込めて、日本の子供たちを愛で包み、ともにステージで演奏したいと願っています。
ダニエルのこの大きな夢の実現に参加を希望するバイオリニスト・ヴィオリスト・チェリストの卵、子供たちや学生さんを広く募集いたします。

※ お申し込みは、先着順とさせていただきます。
詳細は、コンサート事務局 フリーダイヤル:0120-02-7515まで、お問い合わせくださいませ。


『星に願いを』
収録アルバム
CMDA-0001
BEST OF KOBIALKA I

全7曲 ¥3,000-
【詳細】

|Profile|Music|Concert|Daniel Kobialka'sMySpace|Message|ご協賛のご案内|チケット販売・その他お問い合わせ | 癒しの音楽CDの購入はこちら |
Copyright © 2012 OneWorld . All Rights Reserved.
OneWorld website内の無断転用を禁止します